にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

釣り関連のブログが大集合!

2014年05月21日

山口県上関沖…八島のチヌ・グレ

tinu-a.gif gure-a.gif

5月18日
朝晩は春、日中は初夏…そんな寒暖差の大きい今日この頃。
今年の夏は、あまり暑くならない予想とか。
それでもそれなりに、気温は面白いように!?上昇する事でしょう…。
あまり暑過ぎない夏に、期待ですね!

そんな気温差の大きいと予想されたこの日。
釣友達と共に、山口県熊毛郡上関町沖に浮かぶ
山口県最南端の島、八島へと釣行した。
狙うは、美味なる八島の乗っ込みチヌひらめき
意気揚々と、出船先である安下庄港へと向かった。

朝5時半前、安下庄港へと到着。
一週間前に釣行したという釣友の情報を聞きながら、準備を始めた。
その釣友の話では、潮の加減なのか…本来の八島の釣果では無かったと。
ちょっと不安を覚えつつ、夜釣り客の回収から戻って来た船へと荷物を積み込む。
今回お世話になったのは、山口県周防大島町/安下庄港のブラックマオさん。
P1020463 (480x360).jpg
朝6時過ぎ、静かな海へと出航となった。
P1020450 (480x360).jpg

凪の海を滑るように南進するブラックマオ。
時折見える潮目らしき場所には、結構な流れ藻ひらめき
藻が切れ始めている様子。
そんな海を眺めていると、掛津島が見えて来た。
そこへ三人の釣友が瀬上がり。
その後は平郡島の北岸を眺めながら進み、八島へと向かう。
平郡島と八島との間にあるハンドウ島を眺めていると…
以前釣友と瀬上がりし、二人でベラ一匹の貧果に終わった釣行を思い出したあせあせ(飛び散る汗)
その時の原因は、磯を回遊していたスナメリクジラのせいとしているのだが。
そんな辛い思い出に浸っていると程なく、八島の北先端が見えて来た。
そして今回は、トリツキと言う磯へと上がった。
P1020473 (480x360).jpg P1020467 (480x360).jpg

瀬上がり前、トリツキ経験者の釣友が…
この潮、この潮の中でチヌが釣れたよ!とアドバイスを貰った。
釣友の言うこの潮、元気に上関の室津半島方向へと流れる。
P1020454 (480x360).jpg
潮は生き物…いつ変化するかは分からない。
早速、釣りの準備を始める。

マキエを撒いてみると、結構な勢いで流れる。
そこでまずは、BB+3Bのウキ/3ヒロにて釣り開始!
手前にまだ残る藻に警戒!?しながら、まずはウキを遠くまで流してみる。
150m巻いた道糸の3分の2以上を流してみるが、ウキが留まる場所は無い。
そして回収の度に、ウキと共に水面に出た藻を回収となるあせあせ(飛び散る汗)
また足元を注視すると、スズメダイが餌を拾う。
その為か、サシエが生還することは無い。
そこで2ヒロちょっとへと浅くし、サシエと仕掛けが少し先で合流するよう試みる。
試みはなかなか実らず…が続くが突然
パラパラ出て行く道糸が急加速し穂先が曲がり、魚信を捉えるるんるん
頭の中では針掛かりしたのはチヌ!
ながら、チヌ特有の首振りは全くあせあせ(飛び散る汗)
何かの外道!?と寄せてくると…
P1020455 (480x360).jpg
瀬戸内海では久々となる口太だったるんるん
梅雨グレ近し!?

この潮と言われていた、右流れの潮。
勝手にこれが満ちの潮、そして満潮まではこの潮と決めてかかっていたのだが…
徐々にでは無く、ほんとピタっ!と動かなくなったあせあせ(飛び散る汗)
動かない潮に合わせ、ウキをB+BBのウキへと変更する。
そして良く見ると、手前から沖へとマキエの煙幕が沈んでいく。
そこで手前に大量のマキエ、仕掛けはその沖へと投入してみる。
すると早々に、ウキが海中深く消えて行ったるんるん
竿に伝わる、あの魚特有の首振りダンスひらめき
P1020456 (480x360).jpg
お腹でっぷりのこの時期らしいチヌであった。
本命の登場に、人間の活性は高まる。
同様の作戦にて、次の一匹を狙う。
するとすぐにまた、ウキが消し込まれたるんるん
しかしこの魚は、なにやらデカい!
足元右前にある大きなシモリ際の深い場所からびくともしないあせあせ(飛び散る汗)
そして時折、ハリスの擦れる感触…。
なんだかヤバい感じ。
その感じは的中し、手に伝わるどっしりした重みは突然…消え去ったたらーっ(汗)
勝手に足元をウロウロしていたコブダイ!って事にしたのだが
もしかしたら、大チヌかも!?
せっかく高まった人間の活性は、一瞬にして低活性へと逆戻りとなったあせあせ(飛び散る汗)

トロトロとした潮は相変わらず。
しかし若干、今までとは逆の左へ向かっているような。
そこで隣の岩へと移動し、左方向を狙ってみる。
しばらくフグに悩まされたが、そのうちあのウキの消し込みがるんるん
P1020457 (480x360).jpg
最初の一匹とほぼ同寸の綺麗なチヌだった。
その後潮は勢いを増し、本格的に左流れとなっていく。
するとチヌの連発ではなく、何故かメバルの連発。
もしくは、ベラの連発と相成った。
チヌは、何処へ?

マキエと共に仕掛けを流してもダメだと、やっと!?気付く。
そこで仕掛けは沖目から流し、かなり先でマキエと合流するべく試行錯誤の釣りとなる。
タナを竿一本半とした仕掛けの投入場所を徐々に変え、かなり遠くまで流してみる。
するとそのうち、道糸の走りが魚のヒットを知らせてくれるるんるん
何度も藻に張り付きながらも、なんとか手前へ寄せてくる。
藻と格闘する事、およそ10分。
すっかり体力を使い切った感じにて…
P1020466 (480x360).jpg
やはりほぼ同寸のチヌが、玉網へと納まった。
左流れの先も、右流れ同様手前にたっぷりの藻場。
チヌの連発を期待するが、その後全く。
そしてまた、ピタっと潮が動かなくなったあせあせ(飛び散る汗)
今日はなんだか、潮の変化の時に釣れているような。

次の潮の変化に期待しながら釣りを再開するも
どうも先程とは違うような…。
すっかり引いた潮によって右手前にあるシモリはすっかり干出。
なんとも釣り難い。
P1020469 (480x360).jpg
一瞬手前の藻の中を釣ってみようか!と思いつくものの…
さすがにきついかな、とこの思いつきは却下とした。
そしてしばらくベラやメバルと遊んだ後、タイムアップ。
15時過ぎにやってきたブラックマオへと乗り込んだ。

天気も良く、海も穏やかと最高の釣り日和に恵まれた一日となった。
一応、本命のチヌも釣れたしるんるん
後で別の釣り場へ上がった釣友に聞いたのだが
釣友の釣り場も一定しない妙な潮だったそうだ。
初めて上がった釣り場なので、こんな潮の釣り場なのだろう…
と思っていたけど、本来の潮では無いのかも!?
そして釣友達誰もが密かに!?狙っていたマダイだが
この日は、何処の釣り場でも釣れなかった。
乗っ込みマダイ、終わってしまったのだろうか?
今度は、梅雨絡みのグレを求めて…
修行の旅は、続きます!ひらめき

今回のタックル
   竿   アテンダーU 1.25号 5.3m
  リール  トーナメント競技+口太スプール
   道糸   2号(ブラック)
  ハリス  1,75〜2号(ブラック)
   針   チヌR 2号
  マキエ  生3kg+ボイル3kg
       爆寄せチヌ+チヌの宿+オカラだんご

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
頑張ろう日本!
posted by クロ兵衛 at 19:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 2014年釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

長崎県五島列島…上五島/美良島のクロ・イサキ

gure-a.gif isaki-a.gif

5月3〜4日
ゴールデンウイークと呼ばれる…4月末から5月初めにかけての大型連休。
毎年仕事の都合で無縁だったのだが、今年は何故だか3日〜5日が休みにるんるん
こんなチャンスを逃すわけには!
そんなこんなにて、ブログ道楽三昧のyukimaruさん・釣友のSちゃんと共に
長崎県五島列島/上五島へと出かけた。

5月3日
朝3時、釣友Sちゃんと共に出発。
山陽道・中国道、そして九州道と順調に進む。
しかし…長崎道に入って程なく、故障車とその先の事故にて
大型連休恒例のノロノロ運転が始まったあせあせ(飛び散る汗)
そして、出船先である港へと到着したのが11時半前。
この日の出船は、12時…ぎりぎりセーフと相成ったたらーっ(汗)
急いで準備を始め、船へと荷物を積み込んだ。
そして予定の30分遅れの12時半、無事出船となった。

この日お世話になったのは、長崎県平戸市田平町のあじか磯釣りセンターさん。
P1020425 (480x360).jpg
港へ来る途中で気づいていたのだが、思ったよりも風が強い!
そこで気になるのが、平戸大橋を潜るのか…それとも反対方向から上五島へ向かうのか。
港を離れたシーウィング、迷わず平戸大橋を潜る方向へと加速していく。
どうやら、沖は時化ているようだあせあせ(飛び散る汗)
平戸島の南端に差し掛かり、宮之浦のシンボル尾上島が見える頃になると…
シーウィングは右へ左へ大きく傾き、時折ジャンプもし始めた。
野崎島と上五島本島との水道辺りに入ると、揺れはかなり収まった。
そして程なく見えて来たホゲ島から、瀬付けが始まった。
瀬上がりの様子を眺めると、結構なウネリあせあせ(飛び散る汗)
その後向かった赤島では、かなり高い場所まで波が這い上がるあせあせ(飛び散る汗)
赤島の磯を眺めた後、倉島方向へと船首を向け加速していく。

倉島を回り込み、隣の美良島へと向かう。
そして美良島の東側を進み、先端辺りにてyukimaruさんの名前が呼ばれ
斜めに傾斜した磯へと、3人で瀬上がりとなった。
P1020448 (480x354).jpg
帰港後船長に確認したところ、南東のカドと言う磯らしい。
でも…何処かで見た事あるようなひらめき

荷物を高場へと上げ、まずはみんなで乾いた喉を潤すビール
そして平島に向かって左からyukimaruさん、真ん中にSちゃん
そしてクロ兵衛と、それぞれの釣り座へと散らばった。
P1020426 (480x360).jpg
バッカンを置いた正面の海、偏光無しでも見える大きなシモリだらけ…。
道中立ち寄った釣具店にて聞いた上五島の状況では、まだまだ寒グロ状態とか。
ここでは厳しいかなぁ…と思いつつ、釣りを始めた。

潮は緩やかながら、左から回り込む風強しひらめき
まずは、G2+BBのウキ/2ヒロ半にて釣り開始!
狙うは、シモリとシモリの間の深そうな溝ひらめき
風に邪魔されながらも、何とかウキが溝を漂うと…ベラが喰ってきた。
その後もウキが消し込むものの、どうやらベラばかりあせあせ(飛び散る汗)
流石に厳しいと思い、ワレを挟んだSちゃんの隣りへと移動した。

移動後しばし休憩しながら、Sちゃん達を眺める。
するとSちゃんの竿が、綺麗な弧を描くぴかぴか(新しい)
上がってきたのは、何やら赤い魚ひらめき
Sちゃんに尋ねると…アコウ!と。
ご当地での呼び名は知らないが、我が地域ではアコウと呼ばれる高級魚ひらめき
yukimaruさんと共に羨望の眼差しにて、クーラーへと魚を納めるSちゃんの姿を眺めるあせあせ(飛び散る汗)
すぐさま竿を手に取り、Sちゃんの狙っていたポイントへとウキを投げ込む!
しかし、なかなかアタリ無しあせあせ(飛び散る汗)
そこでガン玉を追加して過負荷とし、タナを探ってみる事に。
すると、すぐさま答えがるんるん
P1020429 (480x333).jpg
小型ながら、アコウ…標準和名キジハタが。
この一匹に気を良くして、同じ作戦にて狙うと…なんだか良く突っ込む魚がるんるん
P1020430 (480x359).jpg
美味しい魚二種は嬉しいものの、やはりこの時期はイサキが食べたい…
じゃなくて、イサキが釣りたい!あせあせ(飛び散る汗)

今回の本命でもあるイサキは、なかなか姿を現してはくれない。
そうこう悩みながらyukimaruさんの釣り座の様子を見に行くと…
潮が引いたし、一度も波被ってない!と、yukimaruさんの釣り座左下を指差してくれた。
P1020432 (480x360).jpg
既にイサキを釣り上げているyukimaruさんが釣っている潮と同じ潮筋の釣り座。
すぐに移動し、潮の中を釣ってみる。
潮は先端をかすめ、平島方向へと流れる。
すると一投目、パラパラと出て行く道糸が急加速!
期待しながら優しく寄せてくると、本命魚が最後の抵抗を繰り返していたるんるん
P1020431 (480x360).jpg
魚体を眺めながら…塩焼き?刺身?と頭に浮かぶあせあせ(飛び散る汗)
しかしながら、一匹のみ持ち帰っては…家で暴動!?が起きるあせあせ(飛び散る汗)
魚を丁重にクーラーへと納め、すぐさま釣りを再開する。

先程イサキの釣れたラインへと、仕掛けを流していく。
ちょっとした投入場所の違いで、良く流れるラインとそうでないラインがある事に気付くひらめき
それが何処なのか…解れば苦労は無いのだが。
試行錯誤の釣りを続けていると久々に…その良く流れるラインへと仕掛けが乗る。
これは!と思い、ラインに集中していると
指で挟んだ道糸の出が、加速するるんるん
先程のイサキより、重い引き…なんだろう?あせあせ(飛び散る汗)
そのうちウキが見え、姿を現したのは…
P1020433 (480x360).jpg
メタボリックな口太だった。
その後もしばらく粘ってみるが、これと言った反応なし。
休憩を兼ねて、陽のあるうちに夜釣り仕掛けを作る事とした。

夜釣り用のどっしりした道具を持ち、釣り座へと戻る。
仕掛けもどっしりしている為、潮の中でも流しやすいるんるん
しかしなんだか、先程のような潮の元気が無いあせあせ(飛び散る汗)
磯へとしゃがみ込み、興味本位でかなり遠くまで流してみる。
かなり長い時間流していると、突然道糸が急加速!
慌てて合わせると、潮の流れも相まって重いるんるん
先程よりもかなり強い道具立て、強気でゴリゴリ道糸を巻いていく。
そして水面にて何やらバシャバシャ。
これまた強気に抜き上げると…45pを悠に超えるイサキだったひらめき
写真をと思ったのだが、今は貴重な夕方のゴールデンタイムぴかぴか(新しい)
すぐさま同様の作戦にて、更なる一匹を狙う!
がっ…その後は、全く。
ついでに潮も全く、動かなくなってしまった。

日中に、ポツリポツリと釣れたイサキ。
この調子なら、夜はイサキ祭り!?
そう思われたのだが、夜は全く…。
寝不足もあってか、ケミホタルのユラユラ揺れる催眠術は強烈たらーっ(汗)
それでも粘るも、道糸が磯際に引っ掛かり…
引っ張っているうちにプッツンあせあせ(飛び散る汗)
これを機に、平らな場所にて横になった眠い(睡眠)

5月4日
寝袋を持参しなかった事に後悔しながら…
寒さに耐えながらの夜となった。
夜明けが、待ち遠しい!
そして朝4時前、釣りを再開した。
しかし…全くあせあせ(飛び散る汗)
早々に夜釣りを諦め、昼釣り仕掛けを組んでいると
東の空に、本日のご来光を仰ぐ事となった。
P1020440 (480x355).jpg
ご来光を仰ぎながらの腹ごしらえ。
心機一転!と新たに作ったマキエと仕掛けと共に、釣り座へ。
釣りを再開した。
その一投目、シモリとシモリの間の溝の先にて…ウキが気持ちよく消し込むるんるん
久々に味わう重〜い引き。
しっかり引きを楽しんだ後、無事玉網へと納まった。
P1020441 (480x357).jpg
これに気を良くして、次の一匹を狙うものの
やっぱり連続とは、いかない。
それからしばらく、辛い釣りが続く…。

はっきりしない潮だったが、ある時から…
平島方向から倉島方向へと、はっきり力強く流れ始めた。
早速沖目から流してみると、力強く道糸が引き出される。
男らしいアタリにイサキを確信!
ゆっくり大事に寄せて、玉網を持って…あせあせ(飛び散る汗)
目の前で針外れ…大事なイサキを逃してしまったたらーっ(汗)
気を取り直して、釣りを再開!
潮はそのうち、磯に沿って流れる横流れにひらめき
三人で、横流れの潮を釣っていく。
そして割と手前にて、またイサキらしい男らしいアタリが。
今度こそはと寄せてくると…
今度はすぐに…また針外れor口切れ爆弾
腕のせいはそっちのけ、針とハリスのせいとし
ハリスを張り替え、新品の針へと交換したあせあせ(飛び散る汗)
すぐさま、あの男らしいイサキのアタリひらめき
これぞまさに、三度目の正直たらーっ(汗)
順調に足元に寄せると…今度は、イサキの口の硬い場所に針ががっつり!
大事に玉網にて、無事捕獲と相成ったるんるん
P1020446 (480x358).jpg
続けて、すぐイサキが一匹るんるん
このまま釣れると、クーラーの容量が足りないかもるんるん
しかし、その心配は無用だったようで…
ピタリとアタリは、遠退いたあせあせ(飛び散る汗)
その後の悪戦苦闘も空しくタイムアップ。
10時前にやって来たシーウィングに乗り込み、美良島を後にした。

当初、うねりによる波と強風にどうなるかと思われたが…
終わってみれば、天気にも釣り場にも恵まれ最高の遠征と相成ったるんるん
改めて思ったのは、五島列島の魚種の豊富さひらめき
まさに、磯釣り天国!
また訪れには、いられない。
間もなく終了する高速道路の割引にもめげず…
消費税のアップにもめげず…
また、磯釣り天国へ!
修行の旅は、続きます!ひらめき

今回のタックル
   竿   アテンダーU 1.5号 5.3m
       グレ遠征SPU 3号 5.3m
  リール  トーナメント競技+口太スプール 
       ソルティガZ 4000
   道糸   2号(ブラック) 
       5号(ブラック)
  ハリス  2号/6号(ブラック)
   針   尾長くわせ 7.25〜8号
       一発グレ  6号
       ヒラマサブリ王 10号
  マキエ  生3kg×6 ボイル3kg×1 地アミ4kg
       V9SP×2

にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
頑張ろう日本!
posted by クロ兵衛 at 23:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 2014年釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


島根県西部の鮎&フカセ釣り!
teruさんのブログ
急がば回れ


香川・愛媛・高知の磯釣り!
黒いさくらんぼさんのブログ
釣り時々仕事


Bigfin Squid & Rock fish!
Placeさんのブログ
「Light Rigger Place」


九州西部・五島列島の磯釣り!
ひろ爺さんのブログ
名士釣連会


釣りの総合検索エンジン

釣りバカサーチ.gif
釣りの検索◇釣りバカサーチ

釣りの世界



日本の釣り.gif

釣りナビ.gif

sticker120b.gif
自分のゴミは持ち帰ろう!
きれいな海をいつまでも
最近の記事
(12/04)長崎県五島列島/上五島のクロ
(10/01)山口県周防大島沖…片島のグレ
(07/10)山口県周防大島沖…小水無瀬島のグレ
(01/30)長崎県五島列島…下五島/黄島のクロ
(12/16)山口県上関沖…鼻繰島のグレ
(09/29)山口県上関沖…ホウジロ島のチヌ・グレ
(08/06)高解像度降水ナウキャスト by 気象庁
(07/23)山口県周防大島沖…小水無瀬島のグレ
(06/17)山口県上関沖…八島のチヌ・グレ
(05/21)山口県上関沖…八島のチヌ・グレ
最近のコメント
山口県周防大島沖…片島のグレ by クロ兵衛 (12/06)
長崎県五島列島/上五島のクロ by クロ兵衛 (12/06)
長崎県五島列島/上五島のクロ by クロ兵衛 (12/06)
長崎県五島列島/上五島のクロ by いさき (12/05)
長崎県五島列島/上五島のクロ by しろうさぎ (12/05)
カテゴリ
2015年釣行記(4)
2014年釣行記(9)
2013年釣行記(12)
2012年釣行記(19)
2011年釣行記(23)
2010年釣行記(42)
2009年釣行記(53)
2008年釣行記(44)
2013年釣果情報(2)
2012年釣果情報(7)
2011年釣果情報(12)
2010年釣果情報(8)
2009年釣果情報(16)
2008年釣果情報(17)
釣果情報 シーバス編(6)
クロ兵衛の独り言(39)
釣果情報 青物編(23)
アイテム(54)
日記(48)
動画・・・名人編(1)
過去ログ
2015年12月(1)
2015年10月(1)
2015年07月(1)
2015年01月(1)
2014年12月(1)
2014年09月(1)
2014年08月(1)
2014年07月(1)
2014年06月(1)
2014年05月(2)
2014年03月(2)
2014年02月(1)
2014年01月(1)
2013年12月(1)
2013年11月(1)
2013年10月(3)
2013年09月(3)
2013年08月(1)
2013年07月(3)
2013年06月(3)
商品紹介
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。